小さい家で豊かに暮らす!

小さくて狭いからこそ、住みやすさを追求された住宅

小さい家で豊かに暮らす!

大は小を兼ねるということわざは、こと住宅においては絶対とは言いきれないようです。というのも、住宅は確かに広ければ優雅な気持ちにもなれますし、快適さも伴いやすいのは事実です。

しかし、だからといって小さな家が快適でなく、優雅では無いと言いきれるのでしょうか。世の中には、15坪以下の土地に建っている住宅があります。狭くて小さいその姿から、狭小住宅と呼ばれているこの住宅。広くて大きな家に住みたがっている人にとって、この狭小住宅という言葉を耳にすると眉間にシワが寄るのではないでしょうか。

「そんな小さな家に住んでられるか、快適さのかけらもないじゃないか」と思うかたももちろんいらっしゃるでしょう。確かに小さければ住みにくいイメージがつきまといやすく、また使い勝手が悪いイメージも当然沸き起こるでしょう。しかし、この狭小住宅には実はいろんな工夫がなされているのです。というのも、小さくて狭いからこそ、できるだけ住みやすく居心地のよい空間をつくろうという建築技術の工夫がされやすいからです。小さくて限られたスペースだからこそ、その限られたスペースをできるだけ有効に利用しようとされた狭小住宅の内部は、思っているよりも快適に造られているのです。大きければいいという考えで、小さいだけで住みにくいと思っている方にとっては、狭小住宅の実態は驚きの連続になるのではないでしょうか。

小さい家で豊かに暮らす!

建てる前に知っておきたいこと

小さくてもさまざまな可能性を秘めている狭小住宅

小さい家の豊かな暮らし

小さいからこそ魅力のこもっている狭小住宅について

小さい家で豊かに暮らす!建てる前に知っておきたいこと小さい家の豊かな暮らしサイトマップ